いちご とうふ ノスタルジー

あなた様がなつかしいなと思えるようなノスタルジーを提供したいです。自分のポンコツぶりを披露することもあります。いちご豆腐の研究はしてます。

さびしすぎて星の王子さまアプリにすがっていたあの頃

「家でも、星でも、砂漠でも、それを美しくしているのは、何か目に見えないものなんだね」

 

 

わたしがこのアプリと出会った理由

 

わたしは去年の今頃にひとり暮らしをはじめました。

仕事はまったくうまくいかず、家族はバタバタと倒れ、重大な選択肢を迫られ、霧がかかったような恋愛をしていました。

目線の先にはいつも天井があり、よく泣いていました。

 

で、そんなときにお世話になったのがこのアプリでした!

勧誘みたいな出だしでスミマセン(;^ω^)

 

f:id:itigotofu:20190409192611p:plain

「星の王子様メッセージ-知らない誰かと楽しくヒマつぶし」

 

 ~流れ星に手紙をのせて、まだ出会ったことのない誰かとゆるーいコミュニケーションを楽しもう!~

 

↑アプリ内は星の王子さまを再現したきれいな世界感で、こんな風に美しく紹介されていますが、

悪意のある人が利用すれば、ツィッターと出会い系アプリを足したようなアプリに変化いたします。 

(※ 出会いを推奨していないアプリです! 自身の責任において利用してください)

 

このアプリでできること

①手紙を書く。→誰かが目を通してくれて、いいねやお返事がもらえることも。

②他のユーザーの手紙を読む→いいねやコメントを贈ることができる。

です。

いいねの数を競うものではないので、のんびりとコミュニケーションを楽しむことができるわけですね。

 

もうあまり覚えていないけれど、

このアプリにすがっていた当時はいろんな人とやりとりをしていました。

 

 いろんなエピソードを集めてみました

 

・「会おうよ」という者との遭遇

 

 マッチングアプリがメジャー化したこの時代にもいるんです。

「一人暮らしがさびしい」「今度東京に行く」的なメッセージを送るとよく遭遇します。

星の王子さまを冒涜している不届き者ですが、文字を打ちなれているのかノリ&テンポが良いんですね。

 

流れテンプレ↓

・わたしのメッセージに返事が届く

・2、3ターン雑談を交わす。

・相手のターン :「会おうよ!」

・わたしのターン:「無理でーす」

・相手のターン :「だよね!」

みたいな。潔い。

「ああさわやかだったねえ」とすら思えた。

 

・男性から胸を打つひとこと

 

経過は忘れたのですが、

とある男性ユーザーと雑談していると、事前通告もなく、

急に「甘えたらいいのに」というひとことメッセージが届きました。

あ、ブスでも高齢女性でも甘えてもいいんだ……と号泣しました。 

ーーわたしはSNS上でもリアルでも人間不信で、本当の弱さを見せたくないんだな。

自分の弱さを受け入れた瞬間でした。

結局甘えられずやりとりも自然終了しましたけどね~。

 

 ・本当に気を遣いすぎて心を病んでしまった心美人の女性

 

 

こちらは一番最初にコメントをくださって、少しだけやりとりした女性なのですが。

人生お先真っ暗だったわたしの初期のコメントなど、とんでもない「闇オーラ」が漂っていただろうに、わたしの孤独を共感し、丁寧な言葉で寄り添ってくださった女性でした……。

この方はたしか自宅療養中だったかと思いますが、今思い返しても本当に優しい女性でした。

「あんまり気を遣いすぎると わたしみたいに病んでしまうから……」

いま、どこでどう過ごしているのでしょうか。

そしてこれから訪れる令和の時代は、あの女性が幸せになれるような世の中になるでしょうか。

 

・いろんな人からのおすすめスポット紹介

 

しょっちゅう東京にいくため、東京のおすすめを教えてとつぶやいてみたら、

スカイツリーはいわずもがな、

edonekochaya.com

 

こんなんとか、

 

borderless.teamlab.art

 

こんなんとか教えてくれました。

 

なにそれー。面白すぎるやーん( *´艸`)

わくわくがとまらん( *´艸`)

 

・タダで占いをしてもらった

 

占い師研究生さん? に無料でタロット占いをしてもらいました。

それがどこぞの●の母よりも親身!

「今は仕事に追われている状況です。でも3人で助け合って、仕事がはかどって、そこから道が開ける」

ものすごく省略していますが、実際は長文で、タロットカード解説付きで、励ましのお言葉付きです。

金をもって会いに行きます! って思いました。

 

 

まとめです

 

このアプリ内の基本スタイルは、おそらく気が向いたときにつぶやいて気のむいたときにメッセージを送るゆるーいものです。

誰かとメッセージを交わしても、多くはその場だけです。

寂しさを埋めるためだけに、人を求めては、さよならをしていいのか?

暇つぶしに使うなんて、人とのかかわりを軽く扱っていないか?

そんな風に思ったこともあります。

 

でも、

ニキビの相談に乗ってもらったり、部屋の掃除をがんばって取り組めたことをほめてもらったり。また誰かのお悩みを傾聴したり。

沼を歩き沈んでいくようなあの暗闇の日常の中の「救い」でした。

 特にあのとても優しくて思慮深い女性とは、もしかしたら良い友達になれたかもしれないのに。

出会い目的の人や愚痴に使っている人もいるだろうけれども、せつないめぐり逢いを繰り返しているアプリであることを知っていただけたら何よりです☆

 

●最後まで読んでくださってありがとうございます。

総アクセス数は190のご訪問がありました。

ご訪問、スタープレゼント、購読申請、ほんとどれだけ嬉しいか!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

お気軽にコメントもどうぞ( *´艸`)

 

次回更新は4月17日(水)で、

「歌詞を拾う夜。あの名言を令和へもっていこう(仮)」を予定しております。

 

●先日は定期的に参加させてもらっている同年代の飲み会がありました。

ゴイステ、セーラームーン、GS美神……なつかしい言葉が出てくるけど、

みんな年を重ねて、出世したり、子どもが生まれたりして、それぞれの生活ができて、もう同じ目線ではなくなってきたような気がしてます。

それでも、今の生活から自分のやりたいことや幸せを見つけて、未来のわたしが困らないように努力していこうと思います(笑) 

 それでは今週もがんばっていきましょう!

 

いちごとうふノスタルジー:ふじいかふみ